×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ご使用注意

燃焼中や消火後のアロマキャンドルは、容器が熱くなっていることがあります。
容器に触るときはやけどに注意しましょう。


包装はすべて外してご使用ください。グラス入りアロマキャンドルはグラスに入ったままで
ご使用いただけますが、家具等や電化製品の上で直接ろうそくを燃やすと変色したり、
焦げたり危険を伴う恐れがあります。不燃性、断熱性の良いものの上で使用して下さい。

エアコンなど風が当たる所、お子様やペットの手の届く所で保管、使用しないで下さい。
そばに燃えやすい紙などがあると燃え移る恐れがありますのでそばに置かないで下さい。
火を灯したらそばを離れず寝る時やそばを離れる時は必ず火を消火を確認して下さい。

燃焼中は室内の換気をしっかりと行ってください。
又、小さな部屋で一度に大量に使用しないで下さい

火を消すときに水をかけるのは厳禁です。キャンドルを消すときは、芯をピンセットなどで
つまんでロウの中に倒して火を消し、すぐに芯を起こして下さい。煙が出ず、
再点火しやすくなります。吹き消すと、溶けたロウが飛び散ってしまうので注意して下さい。
また溶けたロウは熱いので直接触らないように注意して下さい。

燃焼時間はあくまでも目安です、周囲の温度、空気の流れなどの条件により
変化しますのでご了承下さい。保管の際は高温所や直射日光の当たる場所を
避けて下さい。溶けて形状が変わったり、変色してしまうことがあります。

キャンドルをご使用になる際は上記に十分にご注意下さい。当方のキャンドルを
ご使用になられたことで事故などに関しまして、一切の責任を負いかねます。

体にワックスがついた場合、はがさず冷たい水で冷やして下さい。はがすと炎症を
起こす事があります。服にワックスがついてしまった場合、ワックスが完全に冷えて硬く
なるまで待ってから、できるだけ指で取って下さい。暖かいうちに拭いてしまうと
ワックスが広がってしまいます。残ってしまったワックスはいらない布でワックスをはさみ、
アイロンをあてて溶かして染み込ませるようにして下さい。こすったり削ったりすると
ワックスが粉状になって繊維に入り込んでしまいます。
特殊な素材や大切な衣類などはクリーニングをお薦め致します。